【注意】イボコロリで首イボが取れると思っているあなたへ!

イボコロリ 首イボ

 

年齢とともにできる首もとのポツポツ。小さいので自分ではなかなか気付かない人もいるでしょう。気付いたとしても、ほっといたらいつまにか増えていて、洋服の襟に引っかかったりして「え?増えてる!ウソでしょ!!」なんてことも…

 

このイヤな首のポツポツしたイボに対して効果を発揮するお薬があります。その名も「イボコロリ」です。名前からしてパンチが効いていますよね(笑)エキスの力でイボをコロリ!このイボコロリでポツポツをなくして、ツルツルな首を手に入れちゃいましょう♪

 

しかし、使っていく上で、注意しなければならない点もございますので、よくお読みくださいね。ということで、今回はイボコロリについてまとめていきます。

 

 

 

 

そもそもイボコロリってなに?

首イボ イボコロリ

 

イボコロリ。横山製薬さんが製造販売している、イボ専用のお薬です。さまざまイボに対応したラインナップが魅力です。名前がなんとも良いですねぇ。個人的に私、こうゆう名前ツボなんです。「虫コナーズ」とか下剤の「ヨーデル」とか、なんでこんなにオヤジギャグ満載なんですかね(笑)ま、とりあえず手にとってみたくなりますよね!

 

こいつを使ってイボをコロリしていくわけですが、イボには種類がありまして、それぞれのイボに対応したイボコロリを使用しないとお肌のトラブルの原因になりますので、注意が必要です。

 

 

イボコロリには、皮膚を溶かしてイボを消す液状タイプや絆創膏タイプ、皮膚を再生しつつイボを消す内服薬タイプがあります!足にできる大きなイボやタコ、ウオノメなどは、液状や絆創膏タイプを使用します!こちらは間違っても、

 

 

『首イボには使用しないでください!』

 

 

肌の厚いところにできるこれらのイボを消すために、皮膚を溶かす成分が入っています。これを、皮膚が薄い首イボに使用すると、ピリピリ刺激感があったり跡が残るなど、お肌のトラブルを招いてしまいます。

 

首イボに使用するのは、直接飲むタイプの「内服錠タイプ」です!こちらは、ヨクイニンなどの成分が、新陳代謝を高め、お肌の再生を促してくれます!「首イボにはイボコロリ内服錠!」このことは、よ〜く頭に入れておいてくださいね♪

 

 

 

どの種類の首イボにもイボコロリは効果があるの?

 

首イボには、老化によるイボとウイルス性のイボがあります。内服薬のイボコロリは、この2つの首イボに効果的です!前述しました通り、内容成分としてはハトムギの種からとれる「ヨクイニンエキス」が主成分です。この成分でお肌の新陳代謝を促すことにより、ターンオーバーが正常に行われます。

 

どちらの首イボにも、お肌の芯からの生まれ変わりをサポートすることにより、表面を溶かすだけでは取りきれなかったイボのコアとなる部分も、まるごとズルっと剥がれて落とすことができるのです。ただし、お肌のターンオーバーは、通常、約1カ月ですが、その方の年齢やお肌のケア状況や、食事や睡眠という健康面、ストレスなどの心理面にも左右され、2〜3カ月かかる方もいらっしゃいます。

 

ですので、イボコロリ内服錠は「即効性はあまりない」ので、長期的なケアが求められます。即効性を求める方は、液体窒素やレーザーなどの外科手術がおすすめです。しかし、お肌の芯から、ヨクイニンの力で皮膚を再生させるので、お肌自体のクオリティもアップすることでしょう。

 

 

 

 

【注意】イボコロリを首イボに使っても大丈夫?

 

先ほども申し上げました通り、首イボには、

 

 

「イボコロリ液状タイプ」「イボコロリ絆創膏タイプ」こちらはご使用いただけません!

 

 

この2つの商品には、とても強力な医薬品で、角質軟化溶解作用のある「サリチル酸」が配合されているため、硬いイボでも簡単に溶かしてしまいます。ですので、皮膚の薄くて、イボ自体も小さい首イボに使うと、火傷のようなケロイド状の跡が残ってしまう場合があります。絶対にやめましょう。

 

 

重要なので何度も言います!

首イボに用いるのは「イボコロリ内服錠」です!

 

 

イボコロリは名前の通り、イボを一瞬でコロリ!してしまう強力な薬です。イボコロリの種類をしっかりと把握し、ご自分のイボにあった、イボコロリを選んでいただき、快適なイボライフをお送りくださいね♪

 

首イボに最適なケアを!

レーザー治療は怖い…でもなるべく早く効果を感じたい…って方は、首イボクリームがオススメです。自宅でケアもできますしコスパもいいので、まずはここから!って感じですね。詳しくは下記からどうぞ!

 

《最新版》現役エステティシャンが厳選した首イボクリーム比較ランキング

 

 

 

 

コメントを残す