首周りにイボが!?そのできちゃった原因はなに?

首イボ原因

 

できちゃった婚ならぬ、できちゃったイボ!略してデキイボ(笑)!今回は、そのメカニズムについて解析していきます!

 

人間の子どもの場合は、コウノトリさんが運んできてくれるのですが(笑)、イボはそうゆうわけではございません!そこには、太古から、イボができる原因と結果の法則が存在するのです!

 

その原因をしっかりと把握しておけば、イボに対して正しい処置ができます!なるべくデキイボをなくし、お肌をキレイに保ちたいですね♪

 

 

 

 

首イボができる原因を種類別に調べてみました!

 

スキンタッグができる原因

首イボには、ウイルス性のものと、そうでないものとあります。スキンタッグの場合は、後述の非ウイルス性になります。原因は老化によるものです。お肌が柔らかい首や胸付近にできやすいイボです。

 

20代から出現する場合もありますが、多くは30代以降の中高年に多いと言われています。形は小さく2〜3mmで大きくても1cm未満です。後述するアクロコルドンより少しだけ盛り上がっています。

 

治療としてはハサミでも切れますが、炭酸ガスレーザーや、ヨクイニンなどのクリームや飲み薬がおすすめです。

 

首イボ除去のための《首イボクリームランキング》

 

 

アクロコルドンができる原因

アクロコルドンもスキンタッグ同様、非ウイルス性のイボになります。原因も老化ですね(悲)こちらも30代以降の中高年の方で特に肥満の方は発生しやすいです。

 

スキンタッグよりもさらに小さく、盛り上がりもないです。色も肌色から褐色まであるので、ホクロと間違えてしまう方も多いです。ただ、イボなので、お洋服の襟やネックレスに引っかかったりして違和感を感じることがあります。

 

スキンタッグもアクロコルドンも良性の腫瘍なので、そこから「がん細胞」などになることはないので、治療も美容目的の方が多いです。

 

 

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)ができる原因

尋常性疣贅とは「ヒトパピローマウイルスに感染することによりできるイボ」です。尋常=普通、疣贅=イボ、ということで、ごくありふれた「普通のイボ」ということになります(笑)ウイルス性のイボでもっとも多く、一般的なイボです。

 

隆起していて、表面にツヤがあるのが特徴です。原因としては免疫力の低下が挙げられます。妊娠中や抗生物質での治療中の方なども気をつけましょう。ですので、20代などの若い方も注意が必要です。傷口からウイルスが浸入するので、体調が悪いときは水回りは気をつけましょう。

 

 

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)ができる原因

偏平疣贅も「ヒトパピローマウイルスによる感染が原因」です!若い人によくできることから、青年イボとも呼ばれます。形状は、偏平足という言葉からわかるように、平らな感じで盛り上がってきます。

 

このイボも免疫力の弱まっているときにできやすいです。アトピーの方などもお肌の免疫力が弱まっているので注意が必要です。尋常性疣贅も含め、ウイルス性のイボの原因はズバリ「免疫力の低下」です!

 

治療としては、液体窒素やレーザーでもできるのですが、ウイルスが完全に焼ききれなくて、せっかくイボを取ったのに、また再発するおそれも高いです。

 

まずは、しっかりと休みを取って、体の免疫力を回復させてあげてから、「ヨクイニン」配合の飲み薬などで、お肌の新陳代謝を良くしてあげて、ウイルスを体の中から排除していくことが重要になってきます。

 

 

脂漏性角化症(老人性イボ)ができる原因

脂漏性角化症とは、老化によりお肌のターンオーバーが乱れ、紫外線などの影響を受けた角質が、剥がれ落ちずに硬くなり、そのままイボになってしまうものです。老人性イボってネーミング最悪ですよね(笑)

 

どうしても、年齢とともに新陳代謝が悪くはなっていくので、そこをどうケアしていくかということが大事になってきます!

 

ここでも、即効性を求めるのであれば、レーザー治療などの外科手術もいいのですが、長期的な目線で考えると、ハトムギからとれる「ヨクイニンエキス」を活用した商品がおすすめですよ♪お肌の状態にあわせ、飲み薬やクリームなどを活用していきましょう!

 

そして、なるべく紫外線を避け、健康的な食事や睡眠、ストレスを抱えない生活を心がけていくことで、デキイボを抑え、イボフリーな生活が手に入りますよ〜♪

 

首イボ除去のための《首イボクリームランキング》

 

 

 

 

コメントを残す