ティーツリーの成分と効果|首イボマニア

ティーツリーと首イボ

 

エッセンシャルオイル(精油)のティーツリーが首イボに効果的という噂がありますよね。

 

首イボで悩む方から寄せられる「効果があった!」という生の声は同じく首イボで悩む女性にとってはまさに「希望」で、すぐにでも試してみたくなってしまいますよね。

 

 

「でも!残念ながらティーツリーオイルは首イボにはあまり効果を発揮しない可能性が高いんです…」

 

 

なぜかと言いますと…

 

 

 

 

ティーツリーオイルが首イボに効果があると言われている理由?

 

ティーツリーは常緑植物で、オーストラリア先住民族のアボリジニはこのティーツリーの葉をすり潰してケガなどの治療に使っていたそう。

 

ティーツリーオイルはこの植物から抽出されるオイル。ティーツリーオイルの特徴は「強い殺菌効果」を持っているということ。

 

アボリジニの人々はティーツリーの持つ殺菌効果を知っていて薬のように扱っていたんですね!

 

そして、この殺菌効果こそが「首イボに効く!」と言われている理由なんです。イボの原因は主に、

 

  • ウイルス性
  • 非ウイルス性

 

 

この2種類あると言われています。

 

 

 

ウイルス性はもちろんウイルスが原因ですから、ウイルスを死滅させない限りイボはなくなりません。

 

それどころかそのままにしておくと人に移してしまったり、他の部位にイボが増殖してしまう可能性もあります。

そこで登場するのがティーツリーオイル。

 

先程もお話しした通りティーツリーオイルには高い殺菌効果があるため「イボの原因であるウイルスを殺菌することができる=イボを改善することができる」ということなんです。

 

 

 

 

首イボは非ウイルス性の可能性大だった?

 

「あれ?!ティーツリーオイルはイボに効果を発揮してるじゃん!」

 

って思いますよね。ですが、残念ながら首にできたイボは…

 

 

「非ウイルス性の可能性大なんですよ!!!」

 

 

実は、ウイルス性のイボは「かかとなどの皮膚の分厚い部分にできやすい」という特徴があり、皮膚の薄い部分にはめったにできないと言われているんです。

 

首は「皮膚が比較的薄い部位」ですから、ウイルス性のイボが首にできることはほとんど無いんです。

 

つまり、首にできてしまったイボ(非ウイルス性のイボ)にどれだけティーツリーオイルを使用しても、効果を発揮することはないということなんですね。

 

もちろん、オイルの保湿効果などで若干良くなるということはあっても、劇的な改善は見込めない…

 

 

 

では、非ウイルス性のイボの原因は何かと言われると、それは紫外線やお肌の乾燥・摩擦・バリア機能の低下などによってお肌のターンオーバーが乱れてしまうことなんです。

 

ターンオーバーが乱れてしまうと剥がれ落ちるべき古い角質がお肌に張り付いたままになってしまうんですね。

 

この古い角質が固まっているのが非ウイルス性イボの正体。ですから、首イボをケアするためには、

 

 

  • ターンオーバーの乱れの原因にアプローチする成分
  • ターンオーバーの乱れそのものにアプローチする成分

 

 

これらの成分が入っていることが望ましいんですね。

 

そうなると「首イボの原因に効果的にアプローチする成分」を豊富に含んだ首イボ専用の化粧品の使用が良いのではないかと思います。

 

ですが、首イボ専用の化粧品を使ったとしても「首イボがすぐにポロッと取れる」ということはありません!

 

首イボの原因はターンオーバーの乱れですから、ターンオーバーの正常化をはかるためには最低でも数ヶ月じっくり使用する必要があります。

 

もちろん首イボをクリニックで取ってもらうという方法もありますが、この方法では「今ある首イボを取り除く」だけであって、首イボができてしまう原因(ターンオーバーの乱れなど)を取り除くことができるわけではありませんよね。

 

 

 

つまり!お肌環境を改善しないで放っておくと、新たな首イボがまたできてしまう可能性があるということなんです。

 

ですから、クリニックで首イボ除去を行う場合でも「今後できる首イボ」を予防するために首イボ専用化粧品などの併用をおすすめします。

 

 

 

 

コメントを残す