【要注意】かゆみがある首イボは病気が隠れている可能性あり!?

首イボかゆい

 

「首イボがかゆいのは病気のサイン?!それ、本当ですか(汗)」

 

首イボは通常それ自体にかゆみを伴いません。そして首イボが痒い場合、「病気が隠れていている可能性がある」と言われているんです…

 

首イボがあるだけでも不快なのに、その上病気かもしれないなんて…もう不安で仕方がないですよね。

 

では、首イボがかゆい場合に考えられる病気とはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

 

 

 

安心してください!バリア機能が低下しているだけです!

 

イボとは皮膚が盛り上がってできたものの総称で「ウイルス性」と「非ウイルス性」の2種類に分けられます。

 

首にできるイボのほとんどが「非ウイルス性」と言われていて、このイボは実は腫瘍の一種なんですよ。

 

 

「ガクガクブルブル…あの腫瘍ですか…?」

 

 

安心してください!この腫瘍は特に治療を受ける必要がない「良性」のものなんです!

 

そして首イボは本来はかゆみや痛みなどを伴わないのですが、かゆみを感じる方もいらっしゃるんです。

 

本来ならかゆくないはずの首イボがかゆいってことは、何か別の病気なんじゃ…と不安になってしまいますよね。

 

ですが、このかゆみ、「お肌のバリア機能の低下が原因」である場合が多いんです。

 

私達のお肌にはバリア機能が備わっており、バリア機能はホコリ・紫外線・摩擦などの「外からの刺激」からお肌を守ってくれています。

 

そしてお肌内部から水分が蒸発するのも防いでくれているんです。

 

 

じゃあ、どうしてバリア機能が低下してしまうの?

ですが、このバリア機能、実はけっこうもろくて、外気の乾燥や衣服やアクセサリーの摩擦などで破壊されてしまうんです。

 

バリア機能が破壊され十分に機能しなくなるとお肌は乾燥してしまい、かゆみを感じる神経線維が皮膚表面近くまで出てきてしまうことに。

 

そうすると普段はなんてことない刺激にも敏感になってしまい、かゆみを感じるようになるんです。首イボはお肌の一部ですから、同じようにかゆくなります。

 

しかも、首はもともと皮脂腺が少なくてお肌も薄いため乾燥しやすい場所です。常に紫外線や外気にさらされていて、衣服やアクセサリーの摩擦を受けやすい場所でもあるため、痒みが出やすいんです。

 

ですから、首イボがかゆくなるのは病気ではなくバリア機能の低下の可能性が高いんですね。

 

 

 

バリア機能の低下で首イボがかゆくなる場合、しっかりと保湿を行い摩擦を避けるようにすれば徐々にかゆみはおさまってきます。

 

ですが、かゆみの原因の全てがバリア機能の低下というわけではないんです。

 

残念ながらかゆみを伴う首イボには「大きな病気が隠れている可能性」もあるんです…

 

 

 

首イボのかゆみが出す病気のサイン?!

 

かゆみを伴う首ニキビに隠れている病気には一体どのようなものがあるのでしょうか?代表的な病気を2つご紹介します。

 

皮膚がん

素人目には区別を付けにくいのですが、ほくろや首イボだと思っていたら皮膚がんだったということもあります。皮膚がんは脚や足の裏・顔・首・頭皮など様々な部分にできやすいと言われていて、痛みやかゆみ・出血を伴う場合があります。

 

 

消化器系疾患

大腸がんなどの消化器系の疾患を患っている場合、その兆候としてかゆいイボができる場合があります。このイボは「デルマドローム」と呼ばれ、かゆみがひどいという特徴があります。 もちろん、かゆみがあるからと言って全てが重篤な病気の兆候だとは限りませんが、異変を感じた場合は自己判断をせずにすぐに医療機関に行くことをおすすめします。

 

 

また重篤な病気でなかった場合でも安心してはいけません!

 

首イボは摩擦など外からの刺激によって増えてしまったり悪化することがあるんです。ですから、まずはかゆくても触ったり掻きむしったりしないように注意してくださいね。

 

 

 

 

コメントを残す